引越し費用 会社負担

転勤で引越しをしなくてはならなくなった時、引越し費用がどこまで会社負担になるのか気になるところですね。

 

出張ではなく転勤というくらいですから、遠距離のことが多いでしょう。

 

遠距離の引越し費用は数十万円かかることも多く、近距離引越しとは比べ物になりません。

 

 

1・新居選びにかかる旅費
2・新居の敷金や礼金
3・引越し業者にかかる費用
4・カーテンなどの新生活の費用
5・幼稚園などの制服代など

 

引越しすることで思わぬお金が結構かかります。
「自己都合ではないのだから、会社に負担して欲しい・・・」と思うことでしょう。
では実際、これらのお金は会社が負担してくれるのでしょうか?

 

 

 

自己負担

結論としましては、「会社次第」ということになります。

 

遠距離の転勤があるのは日本全国に支店がある会社や、土木建設業、金融業などがあります。入社の際に転勤の多い業種であれば確認しておく必要があります。多くの会社では転勤にかかる費用について、会社規定が作られています。

 

会社負担の条件は会社規定によりますので、
入社の際に渡される就業規則や社員規則を確認する必要があります。

なければ人事課に聞いてみましょう。

 

もし就業規則に「引越しにかかる費用は自己負担」となっていたら、これはもうどうしようもないのです。
残念ながら会社には引越し費用を負担する義務はありません。
そうなるとあとは引越し費用をいかに安くするかということになります。

 

 

複数の業者からの見積もりが取れるので、引越し費用の相場や最安値もわかります。
見積もりを取るタイミングは、引越し先の住所が決まった時が最適です。
遠距離の場合は引越し業者もスタッフの手配が必要なので、のんびりしていられません。

 

会社負担にせよ、自己負担にせよ後にかかる費用です。
早めに見積もりを取っておきましょう。

 

会社負担

引越し費用を安くするには引越し業者に競争してもらうのが1番です。