引越し費用 会社負担 キャンセル

引越しとキャンセル

引っ越し 挨拶

 

引越しが必ずしも予定通りにならないこともあります。
急なキャンセルに備えて、キャンセルした場合のキャンセル料について知っておきましょう。

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下のようなことが書かれています。

 

・キャンセルがお客の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・この他に、すでに実施したり着手したサービスについては費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

トラブル回避のためにも、引越し業者と交わした契約書の「キャンセル」の項目を確認しておきましょう。

 

最初からキャンセルするつもりの方はいないと思います。
事情ができてキャンセルせざる得ない場合は、前日までキャンセル料がかからないと思わず、早めに引越し業者に連絡して解約手続きを行ってくださいね。

 

早くキャンセルした分、引越し業者は他の方の予約を入れる余裕ができるのです。