引越し費用 会社負担

転勤でかかる引越し費用は、会社が負担するのが当然?

引越し 会社 負担

引越し 費用 会社 

引越し料金 会社負担

転勤 会社 負担

 

転勤が決まった!

 

会社都合の転勤の場合、引越しにかかる費用をどこまで会社が負担してくれるのかがとても気になりますね。どこまで引越しにかかる費用を負担してくれるかは、会社の就業規則に書かれてある通りです。就業規則は会社によって異なるため、全額負担の会社もあれば一部負担の会社もあるわけです。

 

就業規則は従業員ならだれでも読めるようになっているはずです。総務課もしくは上司に聞いてきましょう。就業規則がない場合は、話し合いで決められます。

 

多くの場合、転勤にかかる費用は会社が負担してくれるようです。物件の敷金、礼金や引越し費用などを負担してくれます。

 

転勤で自分は単身赴任をして奥さんと子供が実家に帰るような場合は、単身赴任先までの引越し費用が負担になるようです。奥さんが実家に帰るかどうかは自己都合とみなされますので、自己負担になります。

 

新入社員が寮に入る場合の引越し費用はどうかと聞かれますが、これは自己負担が多いようです。

 

引越し 会社の負担

 

寮にはベッドや机などのほか共用の洗濯機や冷蔵庫などもありますので、身1つでも生活できるような環境です。新入社員は会社に入ってから、必要なものを買い揃える形になるわけですね。

 

それでも引越しにかかる費用は、相場内か最安値で済ませたいとおもいませんか?

 

そんなときは、引越し業者一括見積もりで複数の業者を比較しましょう。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

前払いは何となく馴染みがないので不安に感じますね。しかし引越し業者は作業が終わったらすぐに次の仕事に行けますし、依頼主は追加料金が発生しないので安心というメリットがあるのです。

 

会社も複数の業者から見積もりを取って調べた相場内なら、すんなりと費用を負担してくれると思いますよ。

 

引越し 転勤 会社負担

 

一括見積もりを賢く活用して、会社に負担してもらってくださいね!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しにかかる初期費用

 

引越しには何かと費用がかかりますが、大きなものは物件の契約費用ではないでしょうか?
どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

引越し初期費用

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で、入居の際に貸主に預ける形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されますが、契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として慣習的に支払われていたものです。
ただ最近は礼金ゼロという物件もあり、部屋を探している人が入りやすくなっています。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料のところもあります。
賃貸物件の貸主の考え方はそれぞれですね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
法的に決められた数字はなく、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
ですから連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりました。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しなければなりません。
例えば隣の部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
自分のために火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行いましょう。
前の住人がスペアキーを作っていた場合、すべてのキーが回収できているのかは不明です。
家の場所も知っていて合鍵を持っている他人がいるというのは不安ですね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越し挨拶は必要?

 

引越しの挨拶

 

引越ししたらご近所に挨拶に行きましょう。
やはり挨拶をしておくとその後の印象が変わりますので、面倒くさいと言わずにご近所への挨拶はしたほうがいいです。

 

では引越しの挨拶はどこの家まで行けばいいのでしょうか?
マンションやアパートならば、上下左右の部屋の方に挨拶に行くのが一般的です。

 

集合住宅の生活音は場所によっては大きく気になりますので、挨拶をしておきましょう。
大家さんが近くに住んでいるならそちらにも、管理人さんがいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言いますね。
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒にはご挨拶しておこうというものです。

 

一軒家は集合住宅のような住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制になっているかと思います。
自治会長さんにもご挨拶してゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。
マイホームであればなおさらご近所トラブルは避けたいので、挨拶は丁寧にしましょう。

 

もちろん挨拶だけという方もいますが、簡単粗品があったほうが行きやすいかと思います。
粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

挨拶はできれば引越し日までに、遅くても翌日までには行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越し業者高松 引越し業者東大阪 引越し業者静岡